【お知らせ】

あなざーわーくす番外公演  ワークインプログレス ファイナル
障子の国のティンカーベル

作      野田秀樹
潤色・演出  わたなべなおこ
出演     大西智子

ゲスト出演  望月志津子(五反田団)
企画     あなざーわーくす
協力     かみいけ木賃文化ネットワーク

日時 
6月28日(木)19:30開演
6月29日(金)19:30開演
6月30日(土)20:00開演

7月 1日 (日)20:00開演

受付と開場は、開演の20分前となります。

上演時間は60分くらいになります。

会場
くすのき荘 http://yamadasoukamiike.wixsite.com/mokuchinnet

(〒170-0012 豊島区上池袋4-20-1)


 料金
予約 2,000円
当日 2,500円

各回定員25名です。


予約(予約受付開始は5月7日より)
あなざーわーくす  anazahitori@gmail.com

ご予約はメールで承ります。
お名前、人数、ご希望の日時をお知らせください。

 

かみいけ木賃文化ネットワークは、豊島区上池袋地域にある木賃アパート「山田荘」の活用から始まったプロジェクトです。「足りないものはまちを使う」木賃の生活スタイルを木賃文化と考え、アクションと場と人をつなぎ、ネットワークが広がっていくことを目指しています。ネットワークの拠点の一つ「くすのき荘」は、1975年築の倉庫兼住居をリノベーションし、クリエイターを中心とした10数名のメンバーでシェアして、自宅だけではできないこと、仕事場だけではできないことを実現する場として使っています。

「くすのき荘」アクセス
〒170-0012 豊島区上池袋4-20-1
東武東上線「北池袋駅」より 徒歩5分
JR埼京線「板橋駅」より 徒歩10分
都営バス 池袋東口発 草63、草64、王40甲、王55 「上池袋4丁目停留所」下車 徒歩5分
かみいけ木賃文化ネットワーク http://yamadasoukamiike.wixsite.com/mokuchinnet

会場地図

★前回の企画してくれた、園田喬しさんからの前回公演感想コメントいただきました★

 

「小さな空間で上演された一人芝居」と言うと、つい「俳優の放つエネルギーが乱反射して……」みたいなコメントを考えがちですが、一年前の公演を振り返ってみると、主演の大西智子以外にも沢山の要素が思い出されます。それは、ゲスト女優の透明感だったり、観客参加型故のお客さんの好リアクションだったり、くすのき荘の落ち着いた空気だったり。相当ぶっ飛んだ内容だったのは、野田秀樹の戯曲が凄いのか、わたなべなおこが凄いのか。要素の多い一人芝居。後半も楽しみです。(園田喬し/編集者・演劇ライター・『BITE』編集長)

 

★かみいけ木賃文化ネットワーク 山本山田さんより前回公演コメントいただきました★

 

あなざーわーくすの公演が、くすのき荘で初めての演劇公演でした。

ティンカーベルの魔法によって、みるみる自分の家が劇場に変わり
観客を巻き込んだ演劇(演出?)によって、どんどんあなざーわーくすのつくる世界に引き込まれていきました
そして続編のお話をいただいたときに、
まさに「ティカー・ロス」を感じていることに気づいてしまった!
ティンクとピーターがくすのき荘に戻ってくる日が待ち遠しい。。
(山本山田より)

 

☆出演の大西智子より☆

 

2年と少し前に「障子の国のティンカーベル」を阿佐ヶ谷の喫茶店で、昨年に上池袋のくすのき荘で上演しました。これまでは前半のみ、今回はついに後半部分をくすのき荘にて上演します。半分ずつ観て分かるのか、と思いますね?全然無問題!それはどこを切り取っても面白い作品だから!きっと名作って、そうなんですよ、たぶん。でもいつか全編続けて上演したいです。その為のワークインプログレス!ファイル!

障子が日本家屋のあの仕切り戸であること、ティンカーベルがピーターパンに出てくる羽のある小さな女の子であることを知っていれば、いや知ってなくても大丈夫。何かを必死に伝えようとしている作品です。その何かは何か。ただいま探索中です!お楽しみに。